「看護師としてもう一度働きたいがブランクがあって少し怖い」
そんなことで復職の第一歩が踏み出せない30代ママナースの方にアドバイスが
看護師のブランクが怖いママナースは【働き方】と【勤務先】をよく考えてみては?
ということなんです。
看護師のブランクが「5年」「10年」であっても再び看護師として復職できる道は必ずあります。

ママナースならブランク可の看護師求人を探す前に働き方と勤務先を考えておくのが大事

ママナース 働き方
30代ママナースの働き方には看護師という特殊な仕事の特性上、周囲の協力と働き方の工夫が必須です。
育児には、夫や親戚、友人、実家の両親など近しい人物に育児への協力をお願いできないか検討しましょう。
また、働き方も正社員だけでなく派遣やパートという形態も検討しましょう。
職場も総合病院だけでなく「クリニック」「訪問介護」「介護施設」「健診センター」なども検討すべきです。
看護師の仕事と家事・子育ての両立は簡単ではないのです。

ママナースがブランク可看護師求人を探す前に② 転職エージェントサービスをうまく活用すべし

看護師 転職 エージェント
「看護師の仕事のブランクがあって復職するのが怖い」
そんなママナースが看護師の仕事に復帰するのに役に立つのが看護師専門の転職エージェントです。
ブランクあって復職が怖いママさん看護師こそ転職エージェントをうまく活用すべきではないでしょうか?

ブランクの間に忘れてしまった
知識
技術
それを取り戻すには少し時間が必要です。
・再びバリバリと最前線の看護師として働く準備期間として
・家庭と仕事の両立ができる看護師の働き方をするために
転職エージェントの活用して勤務先や働き方を選ぶことをおすすめします。
ブランクのあるママナースにおすすめのい転職エージェントは【MCナーシ】です。
MCナースでは
単発バイト
パートや派遣の看護師募集(週2や時短勤務など)
残業なしの常勤
など看護師のブランクが怖い30代ママナースにとって嬉しい情報も充実しているからです。

再就職に成功する看護師が専門転職エージェントを利用する理由

看護師転職エージェントにあなたのわがままを思い切ってぶつけてみると
意外とぴったりの職場てあるものですよ。

看護師の仕事と子育ての両立で悩んでいるのなら「MCナースネット」に相談してみるのもいいかもしれません。
「MCナースネット」はいろいろな働き方の提案をしてくれすはずです。

MCナースネットでは看護師の働き方で、さまざまな特集も組んでいます。

\ママナースにぴったりな職場が選べる/
【MCナースネット】でどんな求人があるか見てみる
/ブランクを怖がらずにできる仕事が見つかる\

ママナースがブランク可看護師求人を探す前に③ペーパー看護師におすすめの穏やかな職場

看護師 復帰 勤務先
看護師のブランクのあるママナースが復職の再就職先の選び方でどこがいいのでしょうか?
それぞれにメリット・デメリットがありますが
あなたの優先する事が何なのか?
で変わってきます。

総合病院の「慢性期病棟」「療養型病棟」

ブランクのある看護師の再就職先におすすめなのが
総合病院の「慢性期病棟」「療養型病棟」
です

最新の知識や医療技術が必要な「急性期病棟」や「救急病棟」に比べて忙しさはかなりマシではないでしょうか。
とりあえず、まずはこの「慢性期病棟」「療養型病棟」から始めて、徐々に現役時代の勘を取り戻し最新の技術や知識を身に付けては以下がどぇしょうか。

また最近の大きな病院ではママさん看護師さんも多く、院内に託児所などを完備しているところもあります。

訪問看護

最近は病院に行けない高齢者のために訪問看護を取り入れる病院・診療所などが増えてきています。
また訪問看護を専門とするところもあります。

ブランクのある看護師に訪問看護の看護師をおすすめする理由は
最新の知識・技術が必要となることが少ない
からです。

定期的に利用者さんとふれあいはまた以前の看護師と患者の関係とはちょっと違ったものだと思います。・
また、利用者さんやその家族に頼りにされることはやりがいにもなります。


【訪問看護の仕事内容】

クリニックや診療所

ブランクのある看護師の復職にクリニックや診療所がおすすめな理由は
夜勤がない
残業が少ない
日曜・祝日がお休み
という点です。
また総合病院と比べて仕事内容も医師の補助か主で最新の知識や技術が求められるということも少ないでしょう。
ただその業務には看護だけにとどまらず、清掃や事務の補助などの雑用まで幅広くあることが多いので「看護以外のことはしたくない」という方には向いていないかもしれません。
また、少人数での人員配置は一なので、急なお休みはとりにくいということもあります。
また多くのクリニック・診療所の診療時間は午前9:00~12:00と午後3:00~7:00というところが多いです。
ですので幼い子供がいる場合は夕食の準備などで他の家族の協力も必要かもしれません。

介護施設(老人ホーム・老健・デイサービス施設など)

病院での看護師の業務とは異なり、介護施設では健康管理がメインとなります。
デイサービス施設ではバイタル値の測定や記録などがあります。
老人ホームや老健ではそれ以外にも
褥瘡(じょくそう)がある方への傷の処置
湿布貼付や軟膏塗布
などの業務があります。
ですから最新の医療知識や技術はあまり必要とされません。

ただ介護施設では在籍する看護師が一人だけという場合も多いのでさまざまな判断を自分でしたり、責任も一人に集中してしまいます。
そのため事前にサポート体制の確認をしておきましょう。

ブランクが長くあり、今の知識や技術に不安のある看護師でも介護施設は働きやすいといえます。

健康診断センター

人間ドッグや健康診断センターもブランクのある看護師にはおすすめです。
そこでの看護師の仕事は、健康な方への採血や視力検査などがあります。

勤務形態は
・残業がほとんどない
・土日も休み
など幼い子供を持つ、ママさん看護師には嬉しいこともあります。
ただ給与の面では病院勤務に比べると給料が安いことが多いです。



ママナースがブランク可看護師求人を探す前に④ ブランク可のある看護師でおすすめの働き方は正社員?派遣?パート?

看護師 ママ 働き方
看護師としての仕事のブランクがあって怖い
そんな不安あのある方に考えてみて欲しいのが働き方です。

看護師としての働き方には「正社員」以外にも「非常勤看護意外に
・正社員
・パート/アルバイト
・派遣
という働き方があります。

看護師としてのブランクが怖いのなら「正社員」からではなく「パート/アルバイト」「派遣」という形から復職されてみてはいかがでしょうか?

ブランクのある看護師の働き方① 安定度抜群の正社員だけど・・・

正社員の看護師として働くメリットはやはり
・安定性
ではないでしょうか。
毎月キチンと安定した収入がありますし、ボーナスもあります。
社会保険、福利厚生、その他手当てが充実しています。
また長く働いていれば昇給ありますし、長く働くことで職場での昇進やキャリアアップも可能です。

しかし、やはり正社員の看護師として働くのならばそれなりの責任も大きくなります。
残業
夜勤
交代勤務の対応、
そしてなにより
職場の人間関係の問題
など身体的負担や精神的負担も大きいものになります。

子育てや親の介護など今のあなたの環境と看護師の仕事の両立は簡単ではないこともよく考えておきましょう。

ブランクのある看護師の働き方② 収入は低いが自由度が高いパート/アルバイトという看護師の働き方

看護師でもパート/アルバイトいう働き方も可能です。
全国平均の時給が1,277円というデータもありますが、大都市圏ではもう少し高いようです。

なんといってもパート/アルバイトで看護師の仕事は時間の自由度が高いことです。
週に1日だけ
単発
そんな働き方もできるのです。

30代ママナースの看護師の働き方③ 正社員とパートの中間的な派遣看護師

パート/アルバイトより給料が少し高く
正社員よりも時間の自由が利く
そんな働き方が派遣という看護師の働き方です。

病院や医療施設と直接雇用契約を結ぶのではなく、派遣会社と雇用契約を結びます。

ですので、派遣会社が先にあなたの働き方の希望条件を伝えて、それでOKならば派遣看護師としてその医療施設で働くことになります。

\ママナース看護師にぴったりな職場が選べる/
【MCナースネット】でどんな求人があるか見てみる

参考;看護職のキャリアと働き方

ママナースが看護師として復職するのにブランクは何年まで?5年?10年?20年?

看護師 ブランク
ママナースが看護師として復職するのにブランクは何年まで?
そんなことを気にする方も少なくありません。
確かにブランクの期間が長ければ長いほど以前の知識や技術も忘れているのは仕方ありません。

ママナースの看護師としてのブランクは5年まで
ママナースの看護師としてのブランクは10年まで
ママナースの看護師としてのブランクは20年まで
いろんなことを言われる方もいますが、結局それはあまり関係ないような気がします。

最新の技術は知識は少し時間はかかってもいつでも会得できます。
それより問題なのは
浦島太郎の環境に慣れることができるか?
ではないでしょうか。

自分よりも若い看護師がその職場では一応先輩看護師になるのです。
その彼女たちから新しい職場でのやり方を学ぶことにあなたが素直に受け入れられるかどうかです。
別にへりくだるなんていう必要はまったくありませんが、ブランクを埋めるためには彼女たちからも学ぶことはたくさんあります。

ややこしい人間関係に不安なら?

あなたもご存知の通り、看護師の世界は女性が多いので少し複雑な人間関係のこともあります。
特に大きな病院では派閥もあるくらいです。
そんな複雑な人間関係を避けたいのならば、予めその医療機関の内部事情に詳しい転職エージェントに相談してみるのもいいと思います。
看護師の転職エージェントは勤務開始後でも関係があり、常にその勤務先の人間関係にも精通しています。
転職した看護師から
派遣している看護師から
さまざまな苦情やクレームも聞いているからです。

だからこそ、ブランクのある看護師が復職するには自分で探すよりも転職エージェントがおすすめなのです。

30代ママナースの看護師のブランクを埋める勉強は?

看護師 復職 勉強

とはいってもやっぱりブランクのある看護師なら現場復帰には多少の不安が残るものです。
そんなブランクのある看護師が復職に勇気を持つためにブランクを埋める勉強法も知っておきましょう。

看護師のブランクのあるママナースのための研修・セミナーを受講する

意外と探せば公的機関や民間企業がブラックのある看護師の復職志望者を技術面・精神面双方からサポートするための研修やセミナーはあります。
有料のものもありますし、無料で受講できるものもあります。
例えば「厚生労働省指定日本看護協会主催の研修」や各都道府県指定の「ナースセンター」による就業支援、大学病院での復職支援などがあります。
参考:日本看護協会復職支援催
参考:大阪府ナースセンター復職・転職応援セミナー

30代ママナースの看護師のブランクを埋める採血研修など

ブランクのある看護師が復職する際に不安となる
採血
注射
痰吸引
膀胱留置カテーテル
摘便
一次救命処置(BLS)
などの処置も再び研修やセミナーで受講することによって自身が取り戻せます。

例えば福岡県ナースセンターの講習・研修では以下のカリキュラムで行われています。

福岡県ナースセンターの講習・研修

30代ママナースが再就職するための看護技術セミナー【採血・注射編】

研修の特徴 ナースプラザ福岡や県内3か所のサテライト設置病院で開催される研修です。
血管モデルを用いて採血等の練習を行います。
対象者 ブランクが長く、採血・注射の技術に不安がある方
研修内容 ・講義・演習
・真空管採血(直針・翼状針)
・点滴静脈注射ー末梢静脈留置針の刺入
会場 ・ナースプラザ福岡
・県内3か所のサテライト設置病院
受講料 ※材料費として1,000円が必要になります。

看護師としてのブランクに不安があるママナースならぜひ積極的に参加してみてはいかがでしょうか?

「とどけるん」「各都道府県ナースセンター」でママナースの看護師復職情報

これらの看護師の復職支援の研修や講習をを受けるには「とどけるん」や各都道府県の「ナースセンター」に登録が必要になります。

2015年10月より看護師は都道府県の「ナースセンター」へ離職届を出すことが努力義務になりました。
離職届を出すと、看護師等の届出サイト「とどけるん」にて、看護師復職支援の情報が見られるようになります。
復職に役立つ情報収集ができます。

参考:各都道府県ナースセンター一覧
参考:ととけるん


30代ママナースの看護師最強の働き方は扶養内のパートかもしれない

家事や子育てと看護師の仕事との両立
それは「正社員」では難しいかもしれません。
そう考えると
ママさん看護師の最強の働き方はパートや派遣
かもしれません。

ママナース看護師がパート・派遣で働いて扶養範囲を超えるとい社会保険料がかかってくる

ママさん看護師が働きすぎると逆に損?
そんな状況が起きてしまうのが社会保険の負担増です。

住民税・所得税よりも社会保険料のほうが気をつけなければならないことはご理解いただけたでしょうか?

やはり一つの目安は年収130万円以下に抑えるのが良いようです。
となると月収108,333円以内なるようにうまく働き方を調整しなければなりません。
パートや派遣の看護師の平均時給の2,200円と換算すれば1ヵ月約50時間程度となります。
この50時間をどう働くか?
いろいろ工夫しなければなりません。

50時間をどう割り振るか?
1ヵ月を4週間で考えれば週に約12.52時間
週に4日働くのあれば1日3.1時間
週に2日働くのあれば1日6.25時間

このあたりをうまく調整してくれそうな勤務先がベストかもしれません。

\ママナースの看護師にぴったりな職場が選べる/
【MCナースネット】でどんな求人があるか見てみる


関連サイト:障害者 求人 探し方