看護師 ブランク 勉強

「看護師としてもう一度働きたい」
そんなママナースの一番の不安は
看護師としてのブランクが怖い
という不安だと思います。
ですから、
看護師のブランクを埋めるために勉強しないといけない
と考えるかもしれません。
でも看護師のブランクを埋めるための勉強って無理だし無駄なように私は思えるのです。

再就職のため元看護師がブランクを埋める勉強なんて無理で無駄な理由

再就職のため元看護師がブランクを埋める勉強なんて無理で無駄な理由
「現場から離れてブランクがあるので看護師として再就職するのが怖いです」
そんな不安を抱えた元看護師のママナースさんたちは少しでもブランクを埋めるために看護師の知識や技術の勉強を始めるものです。
で、そんな元看護士さんのママナースたちが「どんな勉強をしているのですか?」と訊くと
ICUレベルの病態生理
抗生剤の使い分け
心電図の読み方
などかなりの専門書を読まれている方も少なくありませんでした。
昔の同僚だった現役看護師たちから
「これ、参考になるよ」
と勧められて読む本はどれもハイレベルの専門書ばかりで、ブランクのある元関s越しのママナースにはかなり何回だと思います。
実際にそんなハイレベルの専門書を読んでも役に立つのでしょうか?

看護師のブランクで忘れた知識や出来なくなった技術の洗い出しなんてキリがない

そもそも「なにを勉強したらよいのかわからない?」のが再就職を考えている元看護師のブランクを埋める勉強です。
このブランクで忘れてしまった知識や出来なくなってしまった技術など洗いだしたらキリがありません。

そもそも再就職先によって必要な看護師としての知識や技術は異なります。

参考;看護師のブランクが怖い30代ママナースにおすすめの勤務先

現役看護師でも毎日新しい知識や技術を覚えなくてはならないのに?

あなたが現役看護師の頃でもそうであったように、
新しい医療機器や器具の使い方の説明セミナー
などは日常茶飯事ではなかったでしょうか?
そのたびに説明会やセミナーに忙しい時間を作って参加していたはずです。

例えば、こんな感じでかなり変わっています。

最新の輸液ポンプ

最近では点滴も輸液ポンプで行う病院も増えてきました。

留置針

留置針ひとつでもあなたの現役の頃とはかなり形や使い方も変わっているかもしれません。

聞いたこともないジェネリック薬品のヘンテコな名前

今はジェネリック医療薬の希望をする患者さんも多いです。
しかし、その名前はへんてこな名前のことも多く、覚えるのも大変ですし、後から後kからどんどん誕生してきます。

「レモナミン」→ハロペリドール後発品
「メデタックス」→メイラックス後発品
「ミンザイン」→ハルシオン後発品
「アサシオン」→ハルシオンの後発品、
「ガスサール」→ガスコン後発品

看護師のブランクを埋める勉強なんて無駄な理由

今は正社員だけでなく派遣やパートで働くという形の看護師の働き方も定着してきました。
最近では応援ナースと言って短気で働く形も増えてきています。
そんな状況で専門的で高度な知識や技術を必ずしも看護師に求めない職場や働き方もあるおです。

そんな状況で看護師のブランクを埋めるために時間とお金をかけて「猛勉強」というのも少しナンセンスかもしれません。

なにより国や自治体も潜在看護師の仕事復帰を促そうと躍起になっています。
各都道府県に設置されている「ナースセンター」という組織があります。
ここでは
模型を使った採血・注射の練習ができたり
最新のエビデンスを使った研修
などが行われています。
このあたりの情報をチェックしたほうが役に立つかもしれません。

看護師としての知識や技術が足りないことを受け入れる

結局、
「看護師としての知識や技術のなにが足りないのか?」
なんてさあgしだしたらキリがありません。
だから看護師としての知識や技術が足らないことを受け入れましょう。
これはブランクが数か月、1年、5年、10年でも看護師復帰の不安の大きさはは同じです。

看護師のブランクを埋める勉強よりも古い知識や技術への不安なことを明確化


ブランクのあるママナースにとって看護師の再就職に向けて今の自分に
「看護師としてなにが足らないのか?」
を明確化することの方が勉強よりも大切です。

例えば
・最新の医療機器の使い方が不安なのいか?
・採血や注射の技術に不安があるのか?
・吸引・導尿の無菌操作が不安があるのか?

意外とそのあたりは各都道府県にあるナースセンターで調査したり研修を受けると解決できうrこともたくさんあります。

昔に現役看護師としてやっていたことはすぐに思い出せます

例えば自転車に10年以上乗っていなかったとしても、自転車の乗り方なんてすぐも思い出せます。
最初は恐る恐るでもものの数十分で乗りkな背て当然です。
これって看護師の仕事でもいえるのではないでしょうか?
昔、現役看護師て屋ていたことは、少しの間ですぐに思い出せるものです。
ですからそんなに不安になる必要もないのです。

ブランクを埋める勉強よりブランクのある看護師のサポート体制のある職場かどうかが重要

看護師のブランクを埋めるための勉強よりも、ブランクのある看護師をサポートする体制のある職場を選ぶことの方が重要ではないでしょうか。ブランクのある看護師を受入れて、きちんとそのサポート体制を整えている職場を選ぶことに力を入れたほうが懸命だとわつぁひは考えています。
このあたりは個人で情報収取も難しいので、看護師専門転職エージェントを利用することをおすすめします。

再就職に成功する看護師が専門転職エージェントを利用する理由

看護師転職エージェントにあなたのわがままを思い切ってぶつけてみると
意外とぴったりの職場てあるものですよ。

\ブランクのある看護師を快く受け入れてくれる職場は?/
【MCナースネット】でどんな求人があるか見てみる

看護師のブランクは無駄にはならないはず

あなたが看護師の仕事から離れていた期間
祖のブランクは決して無駄な物ではありません。

子育てを経験したのなら、子供の患者への接し方も手馴れているはず。
また、より色々な人生経験を積んだことで若い頃に比べて、患者さんへの接し方や患者さんの気持ちの理解も出来るようになったはずです。

ですから、看護師を仕事を離れていた機関のブランクは決して無駄にはならないのです。

今の医療業界は「接遇」というテーマで盛んに研修やセミナーが行われています。
ここではもう常識レベルの挨拶や会話の仕方を教えられます。
これって看護師の世界がすごく閉ざされた狭い世界なので、そんな当たり前の常識を忘れてしまっているからなんです。

看護師のブランクがあっても、一度当たり前の世界で生活hしてきたあなたにはそのセミナーや研修は驚くものだと思います。

たとえ看護師としてのブランクで「最新知識や技術」が無くても
それ以上にあなたの人生経験が必要とされているのです。